作業を始める前に所要時間や期間を決める

今日しなければならないこと、明日しなければならないこと、いくつかピックアップする。

誰もがやっていることだ。

何か一つの作業を進めるとき、ともすれば時の経つのも忘れて、没頭することが度々ある。没頭することで大事な課題も忘れてしまう。そのときはハイになって快適なのだが、終わると焦燥感がやってくる。

たとえば、私は今WordPressの調整が気になっているために、テーマを変えて試しているため、いろいろな微調整に、ついつい時間を費やしてしまっている。

何も予定のない休みの日などは、あっという間に数時間が経ってしまう。

これはいかん、と思えども時間は取り戻すことはできない。本当にしなければならないことが後回しなっている。焦ってしまう。

こうした焦燥感を回避するために、やるべきタスク(作業)を決めたら、作業時間を決めてそれ以上はやらないことにすべきだ。

こう気がついた。

すべての作業に、時間あるいは期間を必ず定めて取り組むべきだ、とつくづく思う。限りある時間を大切しなければならない。

これだけはやっておこう

  • 就寝前には、明日の予定を確認する。
  • やるべきこと(8個まで)をリストにして、優先順位をつける。
  • それぞれの作業には必ず所要時間限度を設定する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする