プラグインを新規追加する方法|どんなプラグインが必要なのか

テンプレートのままだと読者(訪問者)とのコミュニケーションは未だ不完全だ。
そこでプラグインを追加することになる。WordPress用のプラグインは大変多くてどれが最適なのか、初心者にはわからない。どれを選択していいのか見当がつかない。

プラグイン選択の参考サイト

そのときに役に立つのが経験者が使って、おすすめしているプラグインだ。
以下のサイトが参考になる。

■ 2013年もお世話になる素晴らしいWORDPRESSプラグイン40個

■ WordPressプラグイン15選!最高の集客効率と機能性を出す組み合わせ

この3つのサイトで十分のようだ。 ひとつずつ確認して、試してみるといい。

新規追加の注意点

プラグインの目的、特徴、難易度などを理解するためにしっかりと解説を読むこと。

また、 プラグインをインストールした後には、使い方などまだ手探りなので、提供サイトで使い方を確認すること。

【ダッシュボード】―【プラグイン】で使用中あるいは追加されたプラグインのリストが表示される。表示内容には提供サイトへのリンクも明示されている。

なお、目的のプラグインの検索も同様の場所で可能だ。検索して見つかったらダウンロードして、自分のサーバーにインストールする。

情報が古い場合もあるので、なるべく新しくリリースされたものがいい。
一読してわからないときは、とりあえず基本的な設定に留めることだ。

上記の参考になるサイトは全てWordPressのユーザーだ。どんなプラグインをどのように使っているか、じっくり眺めることも勉強になる。

プラグインの中には細かい設定をしなくてもいいのものもある。

問い合わせフォームのプラグインを導入

訪問者が気楽にコンタクトをとれるように「問い合わせフォーム」を設置してみた。
このサイト「お問い合せ」という固定ページがそうだ。

上記参考サイトで紹介されていた「Contact Form 7」というプラグインだ。早速、【プラグイン】メニューから検索してインストール。
【プラグイン】メニューから「有効化」して、提供サイトを閲覧し、使い方を読む。
その指示に従ってやったら、簡単にできた。

カスタマイズについての留意点も解説している。カスタマイズしなくても、読んでおくと、プラグインの構造上なるほどと思う点がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする