事例:真新しい生活、二つの課題に対する回答

目的宣言文についてのエクササイズは、キャリアの目的を明確にするための3つの方法で確認して下さい。

さて、3つ目のエクササイズは「あなたの真新しい生活」です。
これには二つの課題と、エピローグを作成しなければなりません。

私自身についてやってみましょう。
ビジネスモデルYOU』の以下のガイドに従ってやってみよう。

将来の自分について想像力を働かせてみるのは大変刺激的ですね。

貧困な想像力を鍛えることにもつながると思います。気軽に楽しみながらやりましょう。自分のことだから、後で書き加えたり、削除したり、、修正したりすればいいでしょう。

今までのエクササイズとの整合性も特に意識しないことがいいようです。制約条件などがあったら想像力が働くなります。

イメージが鮮明になればなるほどその未来を、手中におさめることも可能になると思います。ワクワク感も、実現するエネルギーも溢れてきます。

あなたの真新しい生活

あなたに近い人があなたに14億円を遺しました。
受け取るためには2つの条件(課題)を満たす必要があります。

■ 1年目の第1の課題

今年1年間は、新しいことを学習してください。
単に新しい分野を学ぶことに時間とエネルギーを使ってください。
あなたは何を学びたいですか?どんな成長を遂げたいでしょうか?

  • 考古学とアラビア語を学ぶ。
  • 中東地域の遺跡をひとつ選択し、実際に発掘作業を行う。
  • アラビア語をマスターして、中東の人々とコミュニケーションできるようになる。
  • 民族、文化に違いあっても、共存共栄できることを示していきたい。
  • 交渉、調整、主張などについて、迫力ある強靭な精神力を身につける。

■ 2年目の第2の課題

支援する社会的活動を見つけてください。
1年間で、慈善行為(あなたの近隣/都市/国/世界/環境などで)を支援するようなプロジェクトを調査したり、実際に参加したりして、本当に関心がある目的やプロジェクトを選びます。
2年目の終わりには、あなたの選んだプロジェクトに信託基金から受け取った7億円を寄贈しなければなりません。あなたはどんなプロジェクト選ぶでしょうか?

  • 中東、アジア地域の難民救済・救援活動に的を絞る。
  • 10カ国・地域の組織を訪問し、ヒアリングする。また、短期間(1ヶ月間程度)駐留して活動にも参加し、実態を探る。
  • 支援する地域と組織は、エジプトと隣接する国境付近で活動しているものとする。

■ エピローグ3年目に、あなたの新しいライフスタイルがスタート

2年間のタスクを終えたあなたは、どんなライフスタイルを楽しむのでしょうか?
まだ7億円あります。
どこに住むでしょうか?誰と?どのような時間を過ごしますか?
どんな活動を追求するでしょうか?何を達成するために努力するでしょうか?

  • 故郷に居を構え、家族共に住んでいる。
  • 青年たちに自らの経験や体験を通して、故郷の繁栄のために、グローバルの視点で活躍できる人材を育成している。
  • 育成に必要な機材とスペースのあるオフィスを用意し、気軽に集まれるような環境を作る。
  • 人材育成をライフワークとする。
  • 年に数回程度、支援した地域、組織を訪れ、1ヶ月間活動に参加する。

ライフスタイルとは?
ネット検索で調べてみると次のような意味が掲載されていました。

  • 人々の生活様式,行動様式,思考様式といった生活諸側面の社会的・文化的・心理的な差異を全体的な形で表現したことば。
  • 消費者が、所与の社会的、文化的、経済的条件のもとで示す生活の態様をいう。
  • 生活の様式・営み方。また、人生観・価値観・習慣などを含めた個人の生き方。
  • 生活の仕方。生活様式。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする