ヒロインは強し。汝自身の価値を高める|税所(さいしょ)敦子の人生から

9月21日(土)日経新聞【女性】33面に興味深い記事がありました。

税所敦子という女性の生涯についての記事です。

どんな人物か?

1825年~1900年、ですから明治維新の真っ只中で青春を送っていた。
20歳で結婚、28歳で死別。男子を授かるがその子も亡くす。
単身夫の国薩摩に渡り、その母と継子の面倒を見る。姑に一心に仕える。
1875年(明治8年)皇后の和歌のお相手に抜擢、宮内省に出仕。
歌集に『御垣の下草』、紀行文集『心つくし』『内外詠史歌集』などがある。

歌人だったわけですね。
しかし、最初から歌人と称されていたわけではなかった。
結婚で躓き、その夢も微塵に砕けたことでしょう。

でも、幼いころから和歌に親しみ、よき師を定めて努力を重ねていた。
そうして身につけたセンスがやがて花開いた。

この記事に後段の部分を引用しておきましょう。

敦子は自分から手を上げて前へ出るタイプではない。与えられた環境で、その都度自分ができることを着実に黙々とやり遂げていった人である。深い教養や抜きん出た和歌のセンスが彼女の価値を高め、なにを語らずとも自然と周囲が一目置いて大舞台に用いられたのだろう。

理想を掲げることは大事だが、自らの価値観のみに固執すると時に思考や行動を狭めてしまう。好きなものを好きと思う心を忘れず、目の前の仕事に取り組み積み上げていくことで充実した人生を送れるという、彼女は見本のような人だ。

晩年の敦子は「明治の紫式部」と称された。紆余曲折を経て、理想へとしかと辿り着いたのだ。

敦子は自分の価値を理解していたと言えますね。
自分が一番ワクワクする和歌の道を極めることを生涯忘れることがなかったのでしょう。

鬼婆と言われた姑の世話もそれだからこそ乗り越えることができたのかもしれない。

本当に靭(しな)やかな女性ですね。

女性の本質を次のように指摘した言葉もあります。

「女人はものに従って、ものを従える身なり」

さて、

自分の価値とは一体なんなのか?
考えさせられた記事でした。

自分の興味ある分野に、磨きをかけよう
十年一剣を磨く、という言葉もあります。

これこそ強力なキー・リソースですね。

一つのことを十年も磨けば、時間をかけて深めれば、
どこに出ても恥ずかしくないものになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする