目的が明確でなければ、自分の存在感はないのだろうか?

piece

自分のビジネスモデルを機能させるために、これまでエクササイズを通して思考錯誤してきました。いったい自分の目的は何だろう。

目的を明らかにできていない場合は仕事をしていく意味は無いのだろうか?自分の存在に意味はないのだろうか?

そんなことはない。

人はだれでも何らかも目標や目的をもって仕事をしているはずです。

それは、様々な事情や理由があると思います。

  • 経済的に豊かになるために。
  • 金銭的な苦境を脱するために。
  • リクレーション(旅行など)を実現するために。
  • 欲しいものを手に入れるために。
  • 自分自身を高め、次のステップへ進むために。
  • 人を助けるために。

ビジネスモデルYOU』では、152ページでジェームス・アレン『「原因」と「結果」の法則』という書籍の一文を取り上げています。

大きな目標を発見できないでいる人は、とりあえず、目の前にある自分がやるべきことに、自分の思いを集中して向けるべきです。その作業がいかに小さなものに見えようと、問題ではありません。そうやって目の前にあるやるべきことを完璧にやり遂げるよう努力することで、集中力と自己コントロール能力は確実に磨かれます。そして、それらの能力が十分に磨き上げられたとき、達成が不可能なものは何ひとつなくなります。

勇気が湧いてきませんか?

今の自分を無理に変える必要はありませんね。
どちらかと言うと、今の自分に磨きをかけていくことが大事なんですね。

「一丈の堀を越えざる者二丈三丈の堀を越えてんや」

という言葉あります。

まずは、目前の為すべきことに全力を注ぐという姿勢で前に進みましょう。目前の課題や問題に対処することは自分の足元を堅固にすることでもあります。

あなたは、今の仕事に不満などがあるかもしれません。
思うような結果が出せずに懊悩しているかもしれません。

でも、今の現実に全力で、真正面から取り組んでみましょう。圧倒的な努力をしてみましょう。その苦労は決して無駄にはなりません。あなたを創り上げていきます。

そんな姿勢の人があなたの前にいたらあなたはどんなことを思うでしょうか。応援したくなりませんか。自分もそうありたいと思いませんか。

私の経験から、かえって後々、 苦境のときの経験はものすごい輝きを放ち始めてきます。あなたの力そのものになります。
意味はやがてはっきりわかってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする