ライフステージとともに変わり続ける「目的宣言文」。「目的」と「目標」の違いは?

目的宣言文を何とか作ってきました。

目的宣言文は一度作るともう作り直す必要はないのか?

そんなことはありませんね。

10年前の自分と今、これから先の10年後。
25歳の自分、35歳の自分、45歳の自分では、
経験も、キャリアも、家族構成も、収入も、周囲の人々も、組織も……、
自分を取り巻く環境の多くが変化します。

ビジネスにおいてもそうですね。

顧客は、市場は変化しますから。

個人においても、組織においてもそれぞれステージに変化が訪れるはずです。

自分の本質的な能力や関心ごとなどは、時間の経過に劣化せず、それほど変わらないものです。それは、ライフラインを描いて見るエクササイズで確認したとおりです。自分の傾向性、性向はさほど変化しないものです。

(明らかに、悪いと思う傾向性や性質もなくならいようです。しかし、それを表面化できないようにすることはできますね。)

さて、「目的」と「目標」という似たような言葉の違いは何でしょうか。

ビジネスモデルYOU』では、次のような言葉を通して違いを指摘しています。

「北極ではなく、北極星を目指して進め」(松本大氏の発言から)

「北極星」とは、組織のビジョンを示したもので、常に全員の努力を束ねていく指針となる。

「北極」とは、達成されなければならない目標を表す。いったん目標に達すると、また新しい目標が設定され、繰り返される。

さらに、スティーヴン・シャピロ『Goal-Free Livinng(ゴールのない生活)』の一節を挙げて方向感覚を持つことを、目的を持つことだと、力説しています。

目的を持つとは、特定の目的地を求めて努力することではなく、方向感覚をもつことです。

羅針盤、方位磁針

目的は羅針盤を持って進む方向感覚だ

地図ではなく方位磁針を使用せよ
目的を持ってブラブラ歩け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする