キャリアのスイートスポット|4つの輪とは

four_ring
この4つの輪は、リッチ・シェフレンがキャリアのスイートスポットの説明で用いているもです。(一部筆者が加筆)

  1. あなたの強み
  2. 市場のチャンス
  3. あなたの情熱
  4. あなたのリソース

この4つの輪が交わるところでビジネスをしなければならない。理由は競争優位に立てないばかりでなく、結局勝てないで終わる可能性が大きい。リッチは最も大事なことを指摘しています。それは、ビジネスの主体であるあなたが、ビジネスによって疲弊してしまって、大切な人生を台無しにしてしまう(趣意)ということです。

家族や友達と過ごす時間が減少し、あなた自身の本来の目的などを確認する時間を失い、ビジネスの奴隷になってしまう。色あせた人生になってしまう。
それでも、ビジネスを立ち上げ、軌道に乗せるまでの短期間、こうした時間は減少し、失うことになるのも事実です。
ビジネスもキャリアアップも戦略が間違っていると、とんでもない方向に進んでしまいます。大切な時間は減少しても、迷いなく前に進み、充実した期間にすることができるか、否か。
戦略を決定づける要素として、上記の4つの輪を抑えておく必要があります。

私が特徴的だと思うのは、「強み」と「リソース」を分けている点です。

リッチは「強み」を個人の<生まれ持った才能+経験+教育+技能>、「リソース」を<ビジネスにおける実績>と位置づけています。

これは大変興味深い。

ビジネス面でなんの「実績」もないのに、興味本位でビジネスを興すのは危険です。興味は単なる趣味に過ぎないからです。興味や関心のある分野で、ビジネスをするには、どんな能力やスキルが必要なのか、経験を積まなくてはなりません。その経験が実績を伴えば、申し分ありません。

「市場のチャンス」とは、ニーズのことです。

ここでいうニーズは、どちらというとかなり積極的に市場に働きかけて、キャッチするものです。市場のど真ん中に赴き、顧客の声を聴き、振る舞いを観察し、想定するニーズを喚起するアクションを起こしていくことを意味しています。狩りに行くイメージですね。
リッチは次のように語っています。

誰も対応していないニーズ。
市場の持っている問題を解決する。
顧客の欲求に火を点ける。
市場が欲するようにする。啓蒙する。

「情熱」は、自分のビジネスを顧客に合致させていく感情です。

情熱を持って取り組めなければ、事は成せない。情熱は強力なビジョンを作るための原動力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする