ウォルマートの3つの信条と10か条

supermarket_1
世界で最も「売上高最大」の小売業といえば、ウォルマートと言われています。(掲載している画像はウォルマートではありません)
日本では、10年前に西友に資本参入して今日に至っています。
ウォルマートには、サムウォルトン(創業者)「3つの信条」と「10か条」があります。

3つの信条
【1】 すべての人を尊重する
【2】 お客さまのために尽くす
【3】 常に最高を目指す

サム・ウォルトンの10カ条
【1】 自分の仕事に夢中になろう
【2】 利益をパートナーと分かち合おう
【3】 パートナーがやる気を出すようにしよう
【4】 できるかぎりすべての情報をパートナーと分かち合おう
【5】 よいと思ったら惜しみない賞賛を送ろう
【6】 成功を喜び、失敗の中にユーモアを見出そう
【7】 すべての人の話を聞こう
【8】 お客さまの期待を超えよう
【9】 競争相手よりうまく経費をコントロールしよう
【10】 流れに逆らって泳ごう

こうした当たり前のことを、事業と仕事のエネルギーに変えていくことが大事ですね。個々人が目前の仕事に夢中になって取り組み、その評価を上司たちが行う。きちんと3つの信条と10か条に当てはめて、組織カルチャをつくりあげていっているわけです。

パーソナルビジネスモデルにもこうした価値観はもちろん必要です。何のためのキャリアアップなのか、目的宣言というものにつながっていきます。

「3つの信条」を図にしてみましょう。
wal_three
「3つの信条」を支えているのは「正直」と「誠実」の二つの言葉です。うそをつかない、言ったことはきちんと実行するということですね。「責任感」という言葉でくくることもできます。

「常にベストを尽くす」「多様性を認める」「皆に尽くす」ということが互いに暗黙のうちの行動規範になっています。

価値観は個人によって異なり、仕事の姿勢や生活に表れてきます。仕事をするということは、あなたにとって充実したキャリアを確実に積み上げていくことです。

外側の条件に合わせて、仕事を進めていくことも悪くありませんが、あなたの内側に芽生えている価値観からあなた自身の将来像をイメージするアプローチも併せて、盛り込んでおくことも必要でしょう。

あなたの価値観はどんな言葉で表現できるでしょうか。「仕事」「ビジネス」ついてはいかがですか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする