自己理解とは?

puzle_1

パーソナルビジネスモデルで、私は特に「キーリソース」が大切だと考えています。キーリソースとは自分自身の「財産・資産」のことです。詳しくは、用語解説「パーソナル・ビジネスモデル9つの要素(個人)」のキーリソースを参照してください。

なぜならば、ワーク&ライフはすべて自分自身が起点となるからです。

難しい言葉ですが、キーリソースには自分自身の「自己理解」と自分の職業意識による「仕事理解」という観点があります。多くのキャリア形成上の問題点や課題はこの二つの理解不足から生じていると考えられます。

この記事では「自己理解」ということについて理解を深めておきましょう。

変化が激しく、予測の難しい現代にあって、企業などの組織に頼って生きることには不安があります。私たちは自ら主体的に「自分の人生は自分が主人公である」、「自分の人生は自分で決める」というように意識を変えていく必要があります。このときに、自分はどのような方向付けで生きていくのか、どのような目標を持つのか、どのような領域の仕事をしていくのか、どのような能力を開発・発揮していくのかを明確にしていかなくてはなりません。

そこで自分自身にはどんなリソースがあるのかを理解することが大切になってきます。

つまり自己理解は、「わたしってどんな人?」ということに答えることになります。次のような観点で具体的に把握していくきっかけを作ります。

あなたは、

  • 自分の適正・能力(スキル・知識など)を把握していますか?
  • 求職活動や仕事をしていく上で、自分の強み(長所)や短所を把握していますか?
  • どのような職業に興味・関心を持っているのか把握していますか?
  • 仕事に何を求めるか理解していますか?
  • 行動を起こす際に、自信を失ったり、過信していたりしていませんか?

そのために、エドガー・H・シャインは次のような3つの質問を立てています。

  • 自分は何が得意か(能力)
  • 自分はいいったい何をやりたいのか(興味・関心)
  • どのようなことをやっている自分なら、意味を感じ、社会に役立っていると実感できるのか(価値観)

一方、マイケル・アーサーの問いは次のようなものですで。

  • 自分ならではの強みはどこにあるのか。
  • 自分があることをしたいとき、それをしたいのはなぜか。
  • 自分はこれまでだれとつながり、その関係をどのように生かしてきたか。

私たちは、このようなことをいつも考えているわけではありません。ライフステージの変化のときに自ずと自分自身のことについて考えます。人生には必ず節目があります。その節目ごとに、このような問いを発し、人生と仕事の方向付けを確認することが、主体性を発揮していくことにつながっていくと思います。

キーリソースにおける「自己理解」とは上記のような質問に答えてみることと、今まで自分の学んできたこと、経験してきたことを確認して、そのときどきに人生と仕事の方向付けをしながら前に進むことではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする