はじめてのPBM入門

はじめてのパーソナルビジネスモデル(PBM)入門

「パーソナルビジネスモデル」とは何かを考えてみましょう。
はじめに「ビジネスモデル」とは
個人のビジネスモデルとは
キャンバスとは
9つのブロックとは
どうやってつくるのか
どれくらい時間がかかるのか?
面倒くさいのでは
そもそもなぜ、必要なの?
キャンバスを描いた後はどうするの?
起業という側面からパーソナルビジネスモデルを活用できないか?

はじめに「ビジネスモデル」とは

主に企業(組織)の事業(ビジネス)がどんな仕組みで動いているのかを説明するときに使われています。
企業は商品・サービスを消費者に届けます。
消費者は、その商品・サービスが欲しくて購入しているわけではありません。

  • 消費者は、商品・サービスを通じて自分が求めている「何か」を得ている。
  • 消費者は、商品・サービスから自分の「ニーズ」を満たしている。

「何か」「ニーズを満たすもの」とは、消費者が商品・サービスをとおして受け取る「価値」といえます。

企業は顧客である消費者に価値を届けていて、その仕組みをその企業独自に築いています。
企業は消費者に支持される商品・サービスを通じて価値をどのように顧客に届け続けていくのかを日夜デザインしています。
顧客を維持したり、新たに獲得したりして、売り上げを増大させて、利益を増やし、投資を継続的に続けているわけです。
こうした活動を総称して、ビジネスモデルと表現しています。
もっと簡潔に言うと、顧客に「価値を届けていく仕組み」です。

次のリンク先をクリックして、さらに理解を深めてください。
ビジネスモデルとは

個人のビジネスモデルとは

では、個人にとってのビジネスモデルとはどういう意味があるのでしょうか。
仕事をすることで、継続的に生計を立てていく仕組みといっていいでしょう。
企業(組織)のビジネスモデルではなく、個人が仕事をしていく上でのモデルです。あるいはマイクロビジネスを立ち上げていく場合です。
主体は個人です。個人を商品・サービスとしてとらえてみることです。
企業や組織などのビジネスモデルでは、商品・サービスに光を当て、顧客に届ける価値を中心に据えて、必要な取り組みを行っていきます。

個人の場合は、個人の持っている関心・個性・スキルと能力を重視します。
これをキーリソースといいます。「キーリソース」から出発し、「誰のために役に立ちたい」のかを明確にして、自分のビジネスモデルをデザインしていきます。
ビジネスモデルの表現方法は、必要最低限の9つのブロックで考え、一枚の紙に描いていきます。この表現方法は組織の場合と同じです。
この9つのブロックは、それぞれに関連性があります。9つのブロックは一枚の紙(キャンバス)に配置されています。

キャンバスとは

9つのブロックを一枚の紙に関連性を考慮して配置したものです。
個人に適用するので、パーソナルビジネスモデル・キャンバスといいます。

bizmodel_1

9つのブロックとは

パーソナルビジネスモデル・キャンバスは9つのブロックに分かれています。
9つのブロックとは、キーリソース、キーアクティビティ、顧客、与える価値、チャネル、顧客との関係、キーパートナー、報酬、コストのことです。

  1. キーリソースとは、あなたはどんな人?どんな資産(リソース)がある?という質問に答えます。目には見えないあなたの関心、個性、スキルと能力のことで、具体的な資産も対象です。
  2. キーアクティビティとは、あなたならではの大事な仕事や取り組みことです。
  3. 顧客とは、誰の役になりたい?誰のためになりたい?という「誰」のことです。
  4. 与える価値とは、顧客にどう役に立ちたい?どうためになりたい?という質問に答えます。
  5. チャネルとは、顧客にどう知らせる?どう届ける?という質問に答えます。
  6. 顧客との関係とは、どう顧客と関わり、接する?とかいうことです。
  7. キーパートナーとは、カギとなるあなたの協力者のことです。専門家なども入ります。
  8. 報酬とは、何を手に入れる?かということです。金銭的なもののほかに、満足感などもあります。
  9. コストとは、何を費やすか?ということです。金銭的に出ていくもの、ストレスなど精神的なものも入ります。

9つのブロックについてもっと詳しく知りたい方は、次をクリックしてご確認ください。当ブログの【用語の解説】で取り上げています。
【用語の解説】パーソナルビジネスモデルの9つの要素とは

どうやってつくるのか?

パーソナルビジネスモデル・キャンバスの9つのブロック(要素)を理解します。
次に、一枚の紙を用意し、9つのブロックに分割します。当ブログで提供しているフォームをダウンロードして印刷して使うこともできます。
リソースから順番に、自分自身のことについて短い文章、単語でブロック内に記述していきます。
作成方法ということではこれだけです。
下図のような手順です。クリックして拡大図をご覧ください。

bizmodel_2

上図について簡単に説明します。
手順としては、まずはキャンバスの9つのブロックの意味を理解することから始めます。
そのためにはいくつかの事例を参照してみるといいでしょう。

次に、キャンバスに向かって現在の自分のモデルを描いていきます。この作業をモデリングといいます。
モデリングに際して、現在の自分の仕事を対象に考えていきます。

モデリングする順番の最初はキーリソースです。
キーアクティビティ、顧客、与える価値、チャネル、顧客との関係、キーパートナー、報酬、コストの順になります。

キーリソースでは、自分の関心、個性、スキルと能力を理解するために、いくつかのエクササイズをします。
基本は、ライフラインを描き、ライフラインに登場するいくつかの出来事についてきちんと文章化します。

次に、その出来事をもとにして、スキル・能力チェック表で自分の活動していたことに近い言葉をチェックします。
このチェック表の内容をもとにして、自分の傾向性を理解します。
また、この表から「自分に何ができ、何がしたいのか」を導き、明確にしていきます。

最後に、自分の「目的宣言文」をつくります。

これらのエクササイズの情報をもとにして、一番最初に作ったキャンバスを見直していきます。

どれくらい時間がかかるのか

9るのブロックの理解から始まり、自分のことを理解するエクササイズを行いますので、4,5時間はかかるでしょう。
集中力はそう長く続きませんので、目安として下記のように、いくつかの作業に分割して、取り組むといいでしょう。

  • 【30分】キャンバスの9つの要素の意味と事例を読み解く。
  • 【30分】(現状把握)現在の仕事上でのパーソナルビジネスモデルを描く。
  • 【45分】(自分を理解する)エクササイズ「ライフライン」を描き、出来事リストをつくる。
  • 【20分】出来事リスト毎に、スキル能力表をチェックし、集計する。
  • 【10分】集計結果を「ホランドン6つの傾向」図に記入して、自分の関心、個性の傾向を理解する。
  • 【20分】3つの枠組みで「目的宣言文」を作成する。
  • 【20分】最初に作ったキャンバスをこれまでの各エクササイズで気付いたことを反映して修正など行う。

そして、行動を起こす。

面倒くさいのでは?

キーリソースを明らかにする部分ではかなり手間取ることになります。
何しろあまり自分のリソースのことを真剣に考えたこともない人も多いと思います。

そもそもなぜ、必要なの?

私たちの環境は数十年前よりもかなりのスピードで変化しています。このような環境の変化に私たちは適応もしくは対応していかなくてはなりません。

環境変化が訪れてからでは後手になってしまい、思わぬ危機に遭遇することになります。
現在のキャンバスから、自分を取り囲む環境がどのように変化すれば、どのように適応すべきかを考えておく必要があります。

キャンバスには、今の自分と環境(今働いている組織を含む)が描かれます。そして、方向付けとして自分はどのようなキャリアアップを目指すのかで、キャンバスを変化させていかなければなりません。
そうして描きなおされたキャンバスに基づいて、リソースの強化や新しいものの取り込みなどを考えることになるでしょう。

行き当たりばったりの対応ではなく、自分の価値観に基づいて、未来に変化を及ぼし、自分らしい生き方を目指すことがワーク&キャリア・デザインのポイントです。
環境の変化に負けない自分づくり、自分らしい生き方をしていくために、キャンバスが役に立つでしょう。これがパーソナルビジネスモデルを創っていく目的です。

キャンバスを描いた後はどうするの?

キャンバスの段階ではまだ仮説です。
キャンバスに描いたモデルが機能するかどうか、現場で顧客に会って話を聞きながら検証していくことが大事です。
顧客との出会いで、キャンバスを修正したり追加したり、あるものは削除することもあります。
こうしてキャンバスに描いた自分のビジネスモデルをブラッシュアップしていきます。
こうした行動をとおして、キャリアアップを具体化させていくことになります。
行き当たりばったりではなく将来を見据えて、意図的にコントロールしていきます。
自分の環境が劇的に変化した場合は、キャンバスを真っ白な状態から、環境を認識して描きなおすということもあります。

起業という側面からパーソナルビジネスモデルを活用できないか?

可能です。
ただし、パーソナルビジネスモデル・キャンバスには、時間軸が登場しません。
そこで、キャンバスに描いた内容から、将来に向かって起業していくために、どんな目標が必要なのかを切り出していくことになります。
そして、目標設定していくわけです。
何のために、何を、いつまでに、どのように実行していくのか、ということです。
また、自らのビジネスを所有していて、何らかの事情で思うようにビジネスが機能していない場合、キャンバスに現在のビジネスを落とし込んでみて、ビジネスモデル全体を見極めることができます。
起業の場合、顧客はだれか、顧客の抱えるニーズにどんな価値を与えていくのかが最大のポイントになります。
顧客が片付けたい用事を円滑に片付けてあげるような価値を提供できるかどうかで収益に違いが出てきます。他社との差別化につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする